さくらインターネットでwordpressインストール

さくらインターネットでwordpressをインストールする手順。 覚え書きエントリー。 1.さくらインターネットを契約 さくらインターネット ライトプランはphp、MySQLが使用出来ないのでスタンダード以上のプランを選 […]

さくらインターネットでwordpressをインストールする手順。
覚え書きエントリー。

1.さくらインターネットを契約

さくらインターネット
ライトプランはphp、MySQLが使用出来ないのでスタンダード以上のプランを選択。

1.2.MySQL設定

WordPressはMySQLを使用します。
さくらインターネットサーバコントロールパネルにログインし、
データベースの設定を選択。
db

さくらインターネットのアカウント名と同じ名前でデータベースが作成されてます。
希望であればパスワードを変更。
データベースユーザー名
データベース名
データベースサーバ
接続パスワード
WordPress のインストールに必要となります。

2.WordPressを入手

WordPress日本語
上記サイトからWordPressをダウンロード。
この時点ではWordPress2.8.5。

4.WordPresss接続設定

ダウンロードしたWordPressを解凍する。
テキストエディタでwp-config-sample.phpを開き、
データベースの接続情報を記入。
config

さくらインターネットサーバコントロールパネルのデータベース情報を入力。
MySQLホストは、データベース情報のデータベースサーバに当たる。

このファイルの名前をwp-config.phpとして保存。

5.ファイルのアップロード

ftpソフトを使い、wordpressの全てのファイルをサーバにアップロード。
さくらインターネットはリモートサーバの初期位置は www の直下。
自分は直下にファイルが大量に置かれるのは好まなかったので、
wpフォルダを作成しこの中にWordPressのファイルをアップロード。

http://www.design-spice.com/wp/にWordPressファイルが入った事になる。

6.インストール

http://www.ddd/wp/wp-admin/install.php をブラウザで開く。
自動的にインストールが行われる。

7.ルートディレクトリにアクセスさせる

このままだと、

http://www.design-spice.com/wp/

にアクセスしないとページが表示されないので、

http://www.design-spice.com/

で、ページが表示されるように設定する。

ワードプレスをアップロードしたサブディレクトリ内、

http://www.design-spice.com/wp/

にあるindex.php というファイルを開く。

indexphp

下線の”wp-blog-heder.php”の前までの部分に、
ルートディレクトリからwordpressをインストールしたサブディレクトリまでのパスを追加する。
なのでここでは、
./wp/wp-blog-header.php
となる。

ここを書き換えたら保存し、
ルートディレクトリへアップロード。

これでルートディレクトリにアクセスした時に、
wordpressのトップが表示される。

※エラーで表じれない時は、空のテキストファイルに .htaccess と名前をつけて
ルートディレクトリ上に置くと表示されることがある

Add Comment

本文

コメントはまだありません。

PAGE TOP