wordpressやwordpressプラグインの日本語リソースの編集方法

wordpressはソースコード内の翻訳する文字を.moファイルに格納してます。 この.moファイルを修正する事で翻訳された文字を変更できます。 私も先日buddypressを使ってサイト構築したのですが、 buddyp […]

wordpressはソースコード内の翻訳する文字を.moファイルに格納してます。
この.moファイルを修正する事で翻訳された文字を変更できます。

私も先日buddypressを使ってサイト構築したのですが、
buddypressの日本語だとフォーラムとグループという使い慣れない言葉になっていたので、
日本語リソースを編集して変更してみました。

Poeditの準備

日本語化ファイルを編集するのにPoeditというツールを使います。
Windows、mac、Linuxに対応してます。
Poedit: Download

.po翻訳ファイルの編集

Poeditを起動し、「ファイル」→「開く」から編集したい翻訳ファイルを選択します。

ただし、.moはローカライズの本体ファイルなのですが編集できないので、
ここで選択するのは拡張子が.poの編集用ファイルです。
※.moだけで.poファイルがない場合は下記サイトで解説されてます。
日本語化などに使うmoファイルの編集について – ねこじゃらし

poedit

左が原文、右が翻訳した言葉です。
下半分の部分でテキスト入力ができるので編集します。

編集が終わったら「ファイル」→「保存」します。
保存すると自動的に.moファイルが作成されます。

ここで生成された.moファイルを上書きアップロードすれば編集が更新されます。

参考:Poedit 取扱説明書 – MMRT daily life

Add Comment

本文

コメントはまだありません。

PAGE TOP