Font Awesomeの表示設定を簡単に行えるライブラリ Flexible Font Awesome

flexible-faは、font-awesomeのアイコンを簡単にサイズを指定したり、位置を調整したり、回転させたりできるライブラリです。 dnomak/flexible-fa Sass版を使ってみました。 用意したの […]

flexible-faは、font-awesomeのアイコンを簡単にサイズを指定したり、位置を調整したり、回転させたりできるライブラリです。
dnomak/flexible-fa

Sass版を使ってみました。

用意したのは下記のHTMLです。

<ul>
	<li><a href="#">Github</a></li>
	<li><a href="#">Twitter</a></li>
</ul>

最初にGithubよりsassファイルをダウンロードしてきて、読み込みます。

@import "flexible-fa";

アイコンの表示

%fa {
  @include fa();
}
ul li:first-child a:before {
  @extend %fa;
  @include fa(github); //表示したいアイコン
}
ul li:last-child a:before {
  @extend %fa;
  @include fa(twitter); //表示したいアイコン
}

サイズの指定

fa-size()でサイズの指定ができます。

ul li:fist-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(github);
	@include fa-size(2em);
}
ul li:last-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(twitter);
	@include fa-size(4em);
}

flexible-fa-size

位置の指定

fa-aling()で位置の指定。top、middle、bottomが指定できます。

ul li:fist-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(github);
	@include fa-align(top);
}
ul li:last-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(twitter);
	@include fa-align(bottom);
}

flexible-fa-vartical

回転

fa-rotate()で回転できます。

ul li:fist-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(github);
	@include fa-rotate(90deg);
}
ul li:last-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(twitter);
	@include fa-rotate(180deg);
}

flexible-fa-rotate

フリップ

fa-flip()でフリップできます。horizontal、vericalが指定できます。

ul li:fist-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(github);
	@include fa-flip(horizontal);
}
ul li:last-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(twitter);
	@include fa-flip(vertical);
}

flexible-fa-flip

スピン

fa-spin()でアニメーションで回転します。一回転辺りの時間を指定します。

ul li:fist-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(github);
	@include fa-spin(2s);
}
ul li:last-child a:before {
	@extend %fa;
	@include fa(twitter);
	@include fa-spin(4s);
}

flexible-fa-spin

現在コメントはできません。

コメントはまだありません。

PAGE TOP