wordpressで特定のページにのみにCSSを適用させる方法

wordpressで特定のページにだけCSSを適用する方法。 外部cssを読み込む方法、head要素内に記述する方法、 body内に記述する方法(HTML5のみ)の3通り紹介します。 メモ的エントリーです。 外部CSSを […]

wordpressで特定のページにだけCSSを適用する方法。
外部cssを読み込む方法、head要素内に記述する方法、
body内に記述する方法(HTML5のみ)の3通り紹介します。
メモ的エントリーです。

外部CSSを読み込む

カスタムフィールドを使います。

function.phpに以下を記述します。
ここではカスタムフィールドの名前を"includeCSS"としてます。

				function include_custom_css(){
					if(is_single()||is_page()){
					if($css = get_post_meta(get_the_ID(), 'includeCSS', true)){
						echo "<link type=\"text/css\" rel=\"stylesheet\" href=\"{$css}\" />\n";
						}
					}	
				}
				add_action('wp_head','include_custom_css');
				

wordpressの管理画面では、カスタムフィールドの名前を"includeCSS"にして、
値を読み込みたいCSSファイルの絶対パスを入力します。

外部cssファイル読み込み

head要素内に記述する

カスタムフィールドを使います。

function.phpに以下を記述します。
ここではカスタムフィールドの名前を"insertCSS"としてます。

				function insert_custom_css(){
					if(is_single() || is_page()){
						if(have_posts()): while (have_posts()):
							the_post();
							$css =get_post_meta(get_the_ID(), "insertCSS", true);
							echo "<style type=\"text/css\">\n{$css}\n</style>\n";
							endwhile; endif;
							rewind_posts();
						}
					}
				add_action('wp_head','insert_custom_css');//wp_head読込み時に実行
				

wordpressの管理画面では、カスタムフィールドの名前を"insertCSS"にして、
値を読み込みたいCSSファイルの絶対パスを入力します。

css記述

body要素内に記述する(HTML5のみ)

HTML5ではscope属性を指定して、いくつかのルールに従うことで
body要素内にもcssを記述することができます。
scoped属性を指定したstyle要素に記述されたスタイルは、
ページ全体ではなく、そのstyle要素の親要素の中にあるコンテンツにのみ適用されます。 
参考:HTML5のstyle要素が持つscoped属性について

			<p>ここのテキストは通常の表示です</p>
			<section>
				<style scoped="scoped">
				p{
				color:red;
				}
				</style>
				<h1>scoped test</h1>
				<p>ここのテキストは赤字になります</p>
			</section>
			

ただし、現在主要なブラウザはscopedに対応してないので、
下記のような書き方にしておきます。

			<p>ここのテキストは通常の表示です</p>
			<section id="post">
				<style scoped="scoped">
				#post p{
				color:red;
				}
				</style>
				<h1>scopet test</h1>
				<p>ここのテキストは赤字になります</p>
			</section>
			

Add Comment

本文

コメントはまだありません。

PAGE TOP