catch

ペライチを退職しました

2019年12月いっぱいで約4年間勤めたペライチを退職しました。社員として働く前に1年ほど業務委託として働いていたので、ペライチには約5年関わっていたことになります。

働き始めたきっかけ

ペライチに関わる前から、代表の橋田さんとは何かのイベントで軽く話したことがあり、Facebookで繋がっていました。僕が個人開発で作成したサービスのβ版をリリースした時に、いちユーザーとして橋田さんからいろいろとフィードバックしてもらいました。その話の流れで、「今、自分達もサービスを開発してるがデザイナーがいなくて困ってる」と聞きました。
一度詳しく話を聞いてみようと思い、後日、ペライチが当時拠点としていたCo-Edoにお邪魔しました。
そこでペライチの現状の話を聞き、“ペライチはデザイナーがいなくて困っている”、”僕はチーム開発の経験が無くて困っている”ということで利害関係が一致して、ペライチを手伝うことに決めました。
当日のうちに、橋田さん以外の役員とも挨拶し、ペライチ開発のメンバーの一員として早速手を動かし始めました。
そこから僕とペライチの関係がスタートしました。

始めは業務の空いた時間に少し手伝う程度だったのですが、「もっとコミットして欲しい」と打診があり、コミット量を増やして一つの業務として真剣に取り組むようになっていきました。

そして一年後に、最初の資金調達に成功し、そのタイミングで社員の話をいただきました。
その時の話はこちらに詳しく書いてます。

ペライチでやってきたこと

社員になったばかりの頃は、まだメンバーも少なく、デザイナーも週2〜3稼働できる業務委託の方が一人いただけだったので、クリエティブに関することは大きなものから小さなものまで何でもやりました。やることは山のようにありましたが、日々変化があり、楽しく働けました。
徐々にメンバーも増え、オフィスも移転し、デザイナーも一人、二人と増えていき、デザイン組織が形成されていきました。

デザインチームのリーダーとして

その中で私の働き方も、デザイナーの採用と教育、評価制度を作成しメンバーの評価など、いわゆるリーダーとして動くようになっていきました。
リーダーの経験はなかったので、セミナーに参加したり、インターネットの記事や書籍から情報を取得しては取り入れてみるなど、悩みつつ試行錯誤する時期が続きました。
引っ張っていくよりもサポートする動き方が合ってると思い、そのスタイルが確立するまでに長い時間がかかりましたが、それが確立してからはメンバーの成長に貢献できるようになりました。

リーダーというポジションは得意ではなかったですが、メンバーにも恵まれ、このチームでやってこれて本当に良かったと思っています。

また、CSチームのマネージャーが不在の時期は、CSチームのマネージャーも兼任してました。こちらは新しいCSマネージャーを採用するまでの約一年ほど活動しました。

デザイナーとして

Webデザイン、UIデザイン、コーディング、簡単なJSの実装、チラシなどの印刷物、ノベルティ作成、ロゴの作成やスタイルガイド作成などいろいろやりました。

UXにも力を入れたいと思い、UXリサーチチームを立ち上げてユーザーリサーチもやるようになりました。

メンバーが増えるに連れ、役割も細分化されていったので、退職前の一年程はレビューや誰も拾わない細かいデザインタスクなどを巻き取るような動きをしてました。

なぜ辞めるのか

会社に対してネガティブな理由はないです。
一言でいえばタイミングです。

社員になる前は3年半ほどフリーランスをやってましたが、フリーランスの働き方は自分の性に合ってました。漠然と、「いつかはまた戻るだろう」と思ってました。
また会社も成長し、今までは各部署にマネージャーがいたりいなかったりと組織として弱い部分がありましたが、ここ一年で全ての部署のマネージャーが揃い、組織として強くなったと感じるようになりました。
私が入社の時に経験したいと思った、組織の立ち上げ期が一段落したと感じました。

周りのフリーランス仲間が社員になっている状況で逆を行ってるのですが、
自分の中ではまだプレイヤーとして自分の力を試したいという気持ちがあり、年齢を重ねるほどチャレンジが難しくなると思ってます。このチャレンジをしなかった場合、ずっとどこかで「あの時に動いていれば‥」と後悔を引きずる気がしました。

プライベートでも籍を入れ、自由な時間の中で家庭を築いてみたいと思うようになりました。

このようなことを考えた時に、「動くなら今のタイミングかな」と考えるようになりました。

もしかしたら、また社員として働く可能性はあります。社員として事業会社で働く楽しさも、そこでしか得られないことも十分に知っているので。
それでもやらずにあれこれ悩むくらいなら行動してみようと、今回の決断に至りました。

これから

Web制作の現場から離れていたのでブランクを取り戻しつつ、Web制作を始め、Webサービス、アプリなどジャンルを絞らずいろいろな分野に関われたら面白いなと思ってます。

こんなところで力を発揮できそうです。

  • Webサイトのデザイン/コーディング
  • WebサービスのUIデザイン
  • デザイン組織の立ち上げ
  • UXリサーチ

ありがたいことに昔お世話になった方や会社から幾つか話をいただいてるので、少しのんびりしようと思ってたのですが、すぐに忙しくなりそうな感じです。

この5年間は濃く、この歳になってもこれだけいろいろと新しい経験が積めることはそうないと思います。
お世話になったペライチには本当に感謝しております。共に働くメンバーに恵まれ、ペライチでの5年間はかけがえのない宝になりました。

今後はフリーランスとして力を付けていき、関わった企業やデザイン業界に貢献していきたいと思ってるので、応援いただけると幸いです。

Add Comment

本文

コメントはまだありません。

PAGE TOP